詳細




ID AN10068733-0212-141
DOI
NII論文ID
医中誌ID
言語 日本語
最終更新日 Dec 22, 2011 11:42:25
作成日 Apr 11, 2009 02:59:20
アイテムタイプ Article(SEIG)
更新履歴
Dec 22, 2011 資料タイプ, PDF ファイル を変更
Aug 5, 2009 PDF ファイル を変更
May 9, 2009 インデックス を変更
Apr 11, 2009 フリーキーワード, PDF ファイル を変更
資料タイプ 紀要論文
論文名(日) 悪の目的論から悪の逆説へ : 中期リクールにおける終末論概念の変容
論文名(ヨミ) アク ノ モクテキロン カラ アク ノ ギャクセツ エ : チュウキ リクール ニ オケル シュウマツロン ガイネン ノ ヘンヨウ
論文名(英) From the Teleology of Evil to the Paradox of Evil : A Change of Eschatology in the Work of Paul Ricoeur
責任表示 佐藤啓介
著者 佐藤, 啓介
著者(ヨミ) サトウ, ケイスケ
著者ID ks_sato
著者版フラグ
フリーキーワード Ricoeur, Eschatology, Evil, Forgiveness, Christian Thought
抄録(日)
抄録(英) In the Christian thought of Paul Ricoeur, the notion of “eschatology”, which is very difficult to understand, is related to the notion of “forgiveness” of one’s evil. In the early 1960s, Ricoeur thought that evil increases so that forgiveness can abound all the more. Therefore, at this time, he thought on the existence of evil teleologically. In the late 1960s, however, this teleology was replaced by the concept of the paradox (or enigma) of evil. Influenced by Moltmann’s theology of hope, Ricoeur came to think that forgiveness abounds all the more in spite of evil. This change in thought had a great influence on Ricoeur’s later Christian philosophy, especially on his specific notion of “the logic of surabondance”.
収録誌書誌ID
収録誌タイトル 聖学院大学論叢
収録誌巻 第21巻
収録誌号 第2号
出版者
ISSN 09152539
発行年月 2009/3
掲載ページ(開始) 141
掲載ページ(終了) 154
URL
JaLCDOI 10.15052/seig.AN10068733-0212-141
ISBN
一次情報の有無
学位授与番号
学位授与年月日 //
学位名
学位授与機関
PDF ファイル 佐藤啓介_悪の目的論から悪の逆説へ_聖学院大学論叢21-2.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 489.1 KB
Last updated : Dec 22, 2011
Index
/ Public
/ Public / 聖学院大学論叢
/ Public / 聖学院大学論叢 / 第21巻第2号 聖学院大学創立20周年記念論文集 人文学部編 
関連アイテム