詳細




ID AN10068733-0221-181
DOI
NII論文ID
医中誌ID
言語 日本語
最終更新日 Mar 13, 2012 15:01:57
作成日 Dec 16, 2009 11:36:49
アイテムタイプ Article(SEIG)
更新履歴
Mar 13, 2012 資料タイプ, PDF ファイル を変更
Feb 17, 2010 論文名(日) を変更
Feb 17, 2010 論文名(日), 論文名(ヨミ) を変更
Jan 25, 2010 著者 を変更
Jan 19, 2010 フリーキーワード, インデックス, 一次情報の有無, PDF ファイル を変更
資料タイプ 紀要論文
論文名(日) 神の言葉の器としての人間 : 波多野精一の象徴論の存在論的再解釈をめざして
論文名(ヨミ) カミ ノ コトバ ノ ウツワ トシテ ノ ニンゲン ハタノ セイイチ ノ ショウチョウロン ノ ソンザイロンテキ サイカイシャク オ メザシテ
論文名(英) Human Being as Potter of the Words of God : Ontological Reinterpretation of Hatano's Theory of Symbolism
責任表示 佐藤啓介
著者 佐藤, 啓介
著者(ヨミ) サトウ, ケイスケ
著者ID ks_sato
著者版フラグ
フリーキーワード 宗教哲学, 象徴, 波多野精一, 存在論, Philosophy of Religion, Symbolism, Hatano Seiichi, Ontology
抄録(日)
抄録(英) In the 20 th century, Symbolism was widely discussed in philosophy, theology, and studies of religion. Recently, however, Symbolism seems to have become less in vogue. Therefore, Hatano's theory of symbolism is an important advance. Hatano regards a symbol as referring to and manifesting "the other". However, this is not where the originality of his theory lies. It is Hatano's emphasis on the ontological dimension of symbols. Which is important. For Hatano, not only do some objects function as symbols, but the subject itself turns into a symbol which refers to the other. This symbolization in the subject occurs at the ontological level. What the self symbolizes is not only the contents of its experiences, but also its subjectivity, and being itself.
収録誌書誌ID
収録誌タイトル 聖学院大学論叢
収録誌巻 第22巻
収録誌号 第1号
出版者
ISSN 09152539
発行年月 2009/11
掲載ページ(開始) 181
掲載ページ(終了) 189
URL
JaLCDOI 10.15052/seig.AN10068733-0221-181
ISBN
一次情報の有無
学位授与番号
学位授与年月日 //
学位名
学位授与機関
PDF ファイル 佐藤啓介_神の言葉の器としての人間_聖学院大学論叢22-1.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 391.7 KB
Last updated : Mar 13, 2012
Index
/ Public
/ Public / 聖学院大学論叢
/ Public / 聖学院大学論叢 / 第22巻第1号
関連アイテム