詳細




ID AN10068733-0232-151
DOI
NII論文ID
医中誌ID
言語 日本語
最終更新日 Aug 9, 2011 15:45:04
作成日 Apr 27, 2011 09:54:09
アイテムタイプ Article(SEIG)
更新履歴
Aug 9, 2011 資料タイプ を変更
May 10, 2011 論文名(英) を変更
May 10, 2011 フリーキーワード を変更
May 9, 2011 論文名(ヨミ), 抄録(英) を変更
May 9, 2011 フリーキーワード, 論文名(英) を変更
Apr 27, 2011 フリーキーワード, 論文名(日), 論文名(ヨミ), 一次情報の有無, PDF ファイル を変更
資料タイプ 紀要論文
論文名(日) 正義の源泉としての倫理的確信 : 後期リクールの社会思想の基礎構造
論文名(ヨミ) セイギ ノ ゲンセン トシテノ リンリテキ カクシン コウキ リクール ノ シャカイ シソウ ノ キソコウゾウ
論文名(英) Ethical Conviction as Resource of Justice : Basic Structure of Social Thought in Late Ricœur.
責任表示 佐藤啓介
著者 佐藤, 啓介
著者(ヨミ) サトウ, ケイスケ
著者ID ks_sato
著者版フラグ
フリーキーワード Ricœur, Theory of Justice, Ethical Conviction, Golden Rule, リクール,Ricoeur, 正義論,倫理的確信,黄金律
抄録(日)
抄録(英) Paul Ricœur formulates his ethical goal as follows: aim for a good life, with and for others, in good institutions. This goal is formed mainly by his concept of “justice”, which Ricœur demonstrates through his interpretation of Rawls’ A Theory of Justice. In Rawls’ A Theory of Justice, Ricœur finds an implicit “ethical conviction”. Without this conviction, the procedural justice would be empty. Ricœur interprets this ethical conviction that he finds in Rawls as the basic structure underlying Ricœur’s own conceptof justice.
収録誌書誌ID
収録誌タイトル 聖学院大学論叢
収録誌巻 第23巻
収録誌号 第2号
出版者
ISSN 09152539
発行年月 2011/3
掲載ページ(開始) 151
掲載ページ(終了) 166
URL
JaLCDOI 10.15052/seig.AN10068733-0232-151
ISBN
一次情報の有無
学位授与番号
学位授与年月日 //
学位名
学位授与機関
PDF ファイル 佐藤啓介_正義の源泉としての倫理的確信_聖学院大学論叢23-2.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 872.6 KB
Last updated : Apr 27, 2011
Index
/ Public
/ Public / 聖学院大学論叢
/ Public / 聖学院大学論叢 / 第23巻第2号
関連アイテム