詳細




ID AN10068733-0252-001
DOI
NII論文ID
医中誌ID
言語 日本語
最終更新日 Apr 22, 2013 16:16:40
作成日 Apr 22, 2013 12:02:28
アイテムタイプ Article(SEIG)
更新履歴
Apr 22, 2013 フリーキーワード, 資料タイプ, 一次情報の有無, PDF ファイル を変更
資料タイプ 紀要論文
論文名(日) ネットゲーム依存に関するオートポイエーシス論的考察 : 『ネトゲ廃人』を素材として
論文名(ヨミ) ネット ゲーム イゾン ニ カンスル オートポイエーシスロン テキ コウサツ ネトゲ ハイジン オ ソザイ トシテ
論文名(英) Analysis of Online Gaming Addiction from the Perspective of Autopoietic Theory : On Netogehaijin as Material
責任表示 河島茂生
著者 河島, 茂生
著者(ヨミ) カワシマ, シゲオ
著者ID s_kawashima
著者版フラグ
フリーキーワード Online Gaming Addiction, Internet Addiction, Autopoiesis, Neocybernetics, Fundamental Informatics,ネットゲーム依存,インターネット依存,オートポイエーシス,ネオ・サイバネティクス,基礎情報学
抄録(日) 本論文は,オートポイエーシス論に基づきながら,ネットゲーム依存の問題を検討している。これまで心理学的もしくは精神医学的なアプローチでの取り組みがなされ,対策も講じられてきた。しかし,情報学の基礎理論でもあるオートポイエーシス論を援用した分析はほとんど見られない。そこで本研究は,オートポイエーシス論の視座からネットゲーム依存を考察することにした。この方法を採ることにより,人間の心理において現実と虚像の境界が原理的に曖昧である点が指摘でき,またネットゲームだけにのめり込む危険性も考察することができた。さらには,インターネット依存から身をかわす一契機を見出すことが可能となった。
抄録(英) This paper discusses online gaming addiction, based on the theory of autopoiesis. Several studies have been made on internet addiction from the psychiatric or psychological point of view. However, there has been no study from the perspective of autopoietic theory. Therefore, this paper examines online gaming addiction from the stance of autopoietic theory. In taking this approach, it is pointed out that the boundary between reality and virtual image is ambiguous in human mentality. Furthermore, the risks which stem from being engrossed in online gaming are considered. Finally, opportunities for curing online gaming addiction are explored.
収録誌書誌ID
収録誌タイトル 聖学院大学論叢
収録誌巻 第25巻
収録誌号 第2号
出版者
ISSN 9152539
発行年月 2013/3
掲載ページ(開始) 1
掲載ページ(終了) 15
URL
JaLCDOI 10.15052/seig.AN10068733-0252-001
ISBN
一次情報の有無
学位授与番号
学位授与年月日 //
学位名
学位授与機関
PDF ファイル 河島茂生_ネットゲーム依存に関するオートポイエーシス論的考察_聖学院大学論叢25-2.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 634.1 KB
Last updated : Apr 22, 2013
Index
/ Public
/ Public / 聖学院大学論叢
/ Public / 聖学院大学論叢 / 第25巻第2号
関連アイテム