詳細




ID AN10068733-0271-045
DOI
NII論文ID
医中誌ID
言語 日本語
最終更新日 Nov 14, 2014 15:33:09
作成日 Oct 29, 2014 17:11:33
アイテムタイプ Article(SEIG)
更新履歴
Nov 14, 2014 フリーキーワード, 学位授与年月日, 資料タイプ, 一次情報の有無, PDF ファイル を変更
資料タイプ 紀要論文
論文名(日) 自転車利用の社会的便益と社会的費用 : 「上尾市自転車のまちづくり」の経済評価
論文名(ヨミ) ジテンシャ リヨウ ノ シャカイテキ ベンエキ ト シャカイテキ ヒヨウ アゲオシ ジテンシャ ノ マチ ヅクリ ノ ケイザイ ヒョウカ
論文名(英) Social Benefits and Social Costs of Cycling
責任表示 瀬名浩一
著者 瀬名, 浩一
著者(ヨミ) セナ, コウイチ
著者ID k_sena
著者版フラグ その他
フリーキーワード social benefits, social costs, fitness level, reduction of the medical expenses, cycling lanes, 社会的便益, 社会的費用, フィットネス・レベル, 医療費削減, 自転車専用道
抄録(日) 自転車をこぐことが健康に良いことは広く知られているが,自転車大国と言われるオランダでの研究によれば,自転車に乗る人のフィットネス(健康づくり)のレベルは,乗らない人より5歳若く,さらに,通勤など自転車利用を習慣化した人のフィットネスのレベルは,乗らない人より10歳も若いという。このため,日本で今後一層進む高齢化社会を乗り切るために,クルマに過度に依存することを止め,自転車を都市内交通手段として役立てる政策を積極的に進める自治体は多い。大学の立地する上尾市は,2012年8月関係する市民,事業者,学識経験者,行政により協議会を組織し,12回の会合を重ね,2014年3月,市民の自転車利用を促進し,健康を増進させることにより,市民,行政,企業・団体の医療費負担を削減させることを目指す「自転車のまちづくり基本計画」をまとめた。以下の研究は,自転車のまちづくりプロジェクトの実施に伴い,上尾市民の医療費が低下し,どれだけ消費者余剰が増加するか「自転車利用の社会的便益」を求める一方,自転車と歩行者の交通事故が増加している現状に鑑み,自転車専用道の整備・維持費がすべて自転車通行者によって負担される場合の「自転車利用の社会的費用」を試算したものである。
抄録(英) Cycling is known to be healthy all over the world. In Netherlands, “The Cyclist’s Paradise,” a Dutch research institution demonstrated that the fitness level of employees who are cyclists corresponds to the fitness level of non-cycling colleagues who are five years younger, and, for regular cyclists, to the fitness level of non-cycling colleagues who are even ten years younger. In Japan, lots of local governments are trying to improve town traffic policies and to encourage cycling as a means of transport. Ageo City, where Seigakuin University is located, also published a new cycling town plan recently which led to a reduction of the medical expenses of citizens, the local government, and companies and organizations, according to the project for each organization. In this paper, I try to estimate the amount of social benefits of cycling by means of calculating the reduction of individual medical expenses due to such local cycling projects. I will also attempt to calculate the amount of social cost if individual cyclists have to bear the expense of making cycling lanes to avoid traffic accidents between cyclists and cars or pedestrians.
収録誌書誌ID
収録誌タイトル 聖学院大学論叢
収録誌巻 第27巻
収録誌号 第1号
出版者
ISSN 9152539
発行年月 2014/10
掲載ページ(開始) 45
掲載ページ(終了) 59
URL
JaLCDOI 10.15052/seig.AN10068733-0271-045
ISBN
一次情報の有無
学位授与番号
学位授与年月日 //
学位名
学位授与機関
PDF ファイル 瀬名浩一_自転車利用の社会的便益と社会的費用_聖学院大学論叢27_1.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 511.9 KB
Last updated : Nov 14, 2014
Index
/ Public
/ Public / 聖学院大学論叢
/ Public / 聖学院大学論叢 / 第27巻第1号
関連アイテム