詳細




ID AN10068733-0271-101
DOI
NII論文ID
医中誌ID
言語 日本語
最終更新日 Nov 14, 2014 15:48:30
作成日 Oct 29, 2014 17:11:34
アイテムタイプ Article(SEIG)
更新履歴
Nov 14, 2014 フリーキーワード, 学位授与年月日, 資料タイプ, 一次情報の有無, PDF ファイル を変更
資料タイプ 紀要論文
論文名(日) 大学における初年次教育の可能性について
論文名(ヨミ) ダイガク ニ オケル ショネンジ キョウイク ノ カノウセイ ニ ツイテ
論文名(英) “First Year Experience” : Possibilities for Experimentation in Higher Education for Freshman Classes
責任表示 吉澤剛士
著者 吉澤, 剛士
著者(ヨミ) ヨシザワ, タケシ
著者ID
著者版フラグ その他
フリーキーワード “First Year Experience”, Freshman Class Experimentation, School Leavers, Autonomous Learning, University Application Requirements, 初年次教育, 離学者, 自律的学習, 志願者
抄録(日) 昨今,大学での初年次教育への関心が高まってきている。その背景には,少子高齢化による学生の多様化や,大学進学率の向上による大学の大衆化が大きく関与している。すでに全国の大学の約9割で,何らかの初年次教育が行われており,普及率という観点では,初年次教育の発祥国であるアメリカを既に上回っている。しかし日本における初年次教育はまだ途に就いたばかりであり,アメリカとは環境が異なるため,成果をそのまま取り入れることは出来ない。日本独自の初年次教育のあり方や評価方法が求められているが,今はまだ手探りの状態である。本論文では各大学での初年次教育の取り組みを紹介しながら,今後の初年次教育の可能性について検討し,提言を行う。
抄録(英) In recent years, interest in experimentation in the education of increasingly diversified university freshman classes in Japan (the academic term for this kind of experimentation in Japan is “First Year Experience”) has been growing. The reasons for this are : 1) the increase in foreign students to make up for the lack of enough Japanese students (due to the declining birthrate in Japan) and 2) the increase in the number of people financially able and eligible to enter Japanese universities. In about 90% of Japanese universities, experiments in freshman education are already being carried out, and in fact the rate of such experimentation is higher than that of the United States, where such experimentation originated. However, since experimentation with freshman education is still relatively new in Japan, and the educational environment of Japanese universities is quite different from that of U.S. universities, methods developed in the U.S. cannot be cut from whole cloth : thy must be adapted to suit Japanese universities. The level of such experimentation in Japan is still at the fundamental stage. Evaluation of methodologies being employed in Japan in experimentation with freshman education and how such methodologies are being carried out is essential, but this evaluation is still at a basic level. This paper intends to examine various current experiments with university freshman programs in Japan, consider the possibilities for further such experimentation in the future, and make recommendations for further action.
収録誌書誌ID
収録誌タイトル 聖学院大学論叢
収録誌巻 第27巻
収録誌号 第1号
出版者
ISSN 9152539
発行年月 2014/10
掲載ページ(開始) 101
掲載ページ(終了) 112
URL
JaLCDOI 10.15052/seig.AN10068733-0271-101
ISBN
一次情報の有無
学位授与番号
学位授与年月日 //
学位名
学位授与機関
PDF ファイル 吉澤剛士_大学における初年次教育の可能性について_聖学院大学論叢27_1.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 471.7 KB
Last updated : Nov 14, 2014
Index
/ Public
/ Public / 聖学院大学論叢
/ Public / 聖学院大学論叢 / 第27巻第1号
関連アイテム