詳細




ID AN10068733-0092-139
DOI
NII論文ID
医中誌ID
言語 日本語
最終更新日 Oct 25, 2011 15:17:22
作成日 Feb 24, 2009 23:46:28
アイテムタイプ Article(SEIG)
更新履歴
Oct 25, 2011 資料タイプ を変更
Jun 25, 2011 PDF ファイル を変更
Jun 8, 2010 関連アイテム, 一次情報の有無 を変更
Nov 20, 2009 
Nov 11, 2009 インデックス を変更
Oct 20, 2009 インデックス を変更
Oct 9, 2009 ID, ISSN, PDF ファイル を変更
資料タイプ 紀要論文
論文名(日) QOLD評価測定尺度に関する基礎的研究(1)
論文名(ヨミ) QOLD  ヒョウカ ソクテイ シャクド ニ カンスル キソテキ ケンキュウ 1
論文名(英) A Study on Scaling the Quality of Life and Death(1) : How to Make QOLD Scale
責任表示 丸山久美子
著者 丸山, 久美子
著者(ヨミ) マルヤマ, クミコ
著者ID k_maruyama
著者版フラグ
フリーキーワード Palliative Medicine, Quality of life and Death, Image Structure of Human Pain, Doctor-Patient Relationships, Psycho-Oncology
抄録(日)
抄録(英) The purpose of this study is twofold: to present a new form of palliative medical care for the dying cancer patient, and to make an optical “Quality of Life and Death” (QOLD) scale for supportive care to patients suffering from cancer and other diseases. The basic concept of palliative medical care is that it is essential to consider not only the properties of human pain and the image structure in doctor-patient relationships but also images of life and death both among terminally ill patients and among curable cancer patients suffering post-operative pain or nausea due to chemotherapy. What patients need, besides specific therapy for cancer and other diseases, is comprehensive medical, nursing, and psychological help. The field of palliative medicine is therefore interdisciplinary, involving not only the medical sciences but also psychiatry, religion, and sociology. It is imperative that caregivers attend to the patient as a total human being, not merely as a person afflicted with a tumor that may or may not be shrinking. Clinical social psychology offers a point of view that permits us to try to solve the problems posed by this imperative. 痛みがひとたび彼を目覚めさせる時、彼は自分がなんらかの意味で真の宇宙と「向かい合って」いることを知る。「痛みの問題」C.S.ルイス1940
収録誌書誌ID
収録誌タイトル 聖学院大学論叢
収録誌巻 第9巻
収録誌号 第2号
出版者
ISSN 09152539
発行年月 1997/2
掲載ページ(開始) 139
掲載ページ(終了) 156
URL
JaLCDOI 10.15052/seig.AN10068733-0092-139
ISBN
一次情報の有無
学位授与番号
学位授与年月日 //
学位名
学位授与機関
PDF ファイル 丸山久美子_QOLD評価測定尺度に関する基礎的研究(1)_聖学院大学論叢9-2.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.2 MB
Last updated : Jun 25, 2011
Index
/ Public
/ Public / 聖学院大学論叢
/ Public / 聖学院大学論叢 / 第9巻2号
関連アイテム
アイテムの概要
icon_seigarticle QOLD評価測定尺度に関する基礎的研究(VII) : QOL測定尺度は青年の実存的痛みを測定できるか 
丸山久美子
聖学院大学論叢 第19巻 第2号
2007/3
一次情報有
icon_seigarticle QOLD評価測定尺度の基礎的研究(VII) : 現代青年の実存的痛みに関する認知構造 
丸山久美子
聖学院大学論叢 第18巻 第1号
2005/10
一次情報有
icon_seigarticle QOLD評価測定尺度に関する基礎的研究(V) : QOL評価測定尺度の信頼性と妥当性  
丸山久美子
聖学院大学論叢 第15巻 第1号
2002/10
一次情報有
icon_seigarticle QOLD評価測定尺度に関する基礎的研究 (IV) : Spiritual Painの測定可能性 
丸山久美子
聖学院大学論叢 第14巻 第1号
2001/10
一次情報有
icon_seigarticle QOLD評価測定尺度に関する基礎的研究 (III) : 国民性に関する比較研究 
丸山久美子
聖学院大学論叢 第12巻 第1号
1999/9
一次情報有
icon_seigarticle QOLD評価測定尺度に関する基礎的研究 (II) : 死生観に関する比較研究  
丸山久美子
聖学院大学論叢 第11巻 第4号
2000/2
一次情報有